ソファな毎日

革好きなソファメーカー、 心石工芸のほのぼの日記です。 日々の出来事や、お知らせなど、 ほのぼのと更新しています。

カテゴリ:

先週の神宮前ショップ続き、広島ショップにて
メンテナンス教室開催致しました。

a
来場の皆様に汚れ・傷の体験をして頂いたあと、
b

実際に展示ソファを使っての
メンテナンスデモンストレーション。
c
ソファを洗って
d
WAXを塗ってコーティング!
e
メンテナンスの様子をご覧になった皆様からも
(メンテナンスしたいけど怖くて。。でも、実際に見ると簡単そう!)
との感想を頂きました。

一気に「洗い→保湿→WAX」までセットで行うのは大変ですが、
お休みの前にちょっとずつでも
皆様のタイミングでメンテナンスをして貰えたらと思います。

f
これからも永く育てて頂けたら嬉しいです。

【森安】

メンテナンス教室2018が神宮前ショップにて開催されました。


革を汚す、洗う、保湿する。

今年のメンテナンス教室は「革の汚れ」について
IMG_7441

ペンで落書きしてみる。
赤ワインをこぼしてみる。
引っかき傷をつけてみる。

日常使ったらできてしまう、汚れやキズをどうしたらとれるのか、目立ちにくくするのか、防げるのか、を体験いただきました。

IMG_7448

ソファを愛用いただいてる方と一緒にワークショップ形式でご案内。

革の汚れを理解すると意外と、簡単なことなんです。

「表面の汚れはとれるけど、染み込んだ汚れは取れない。」
染み込ませないようにするには、WAXを塗る。
染み込んでしまったら、そのままにしておく。

これからも、革の汚れとうまく付き合っていってくれたらうれしいです。

IMG_7461

今回メンテナンス教室のお知らせ後、わずか2日で満席となってしまい。
急遽、席を追加させていただきました。汗

たくさんのご予約ありがとうございます。
また、今回断念することになったお客様、申し訳ありません。
また、来年も開催しますので、ぜひご来店ください。

広島本社SHOPでの若干の空きがあります。
お早めにご予約くださいね。

○広島本社ショップ
日程:3月4日(日)
時間:11:00~12:30
参加費:無料
先着:8組様まで

ご予約はこちらから↓
https://www.sofa-kokoroishi.jp/news/20180115.html

【設計:兼田】

市販の革を保護するワックスには、いろんな成分が入っています。

中には革との相性が良くない薬品もあり、テストしないと安心してオススメできないのが悩み。

しかも、それは革ごとに違うのです。

 

という悩みを解決するために、余計な薬品を入れないワックスを作ることにしました。

革を作る時に使う「オイル」+「天然蜜蝋」のみ!

というシンプルな構成だから、KOKOROISHIの革に安心して使えます。
hako

蜜蝋は、知人のはちみつ屋さんに依頼して国産のものを分けてもらいました。
mitsurou
ミツバチが頑張って集めたはちみつをいただいた、残りの巣の部分が蜜蝋になります。
_MG_9529 2016_1004_090

たくさんのミツバチを養蜂しています。

 

因みに、世界の蜜蝋にはいろんな色があるそうです。
IMG_0807
緑がかったものや、グレーのもの。

花によって違うのかな?

 

革を作る時に使うオイルを温め、蜜蝋を溶かしていきますが、

 nabe

なかなか溶けない。(汗)

nabe2
蜜蝋が溶けたら、容器に移します。
ireru2

天然のものなので、少し黒いものが入ってたりしますが、製品としては問題ないレベルかなと。

gomi

何時間か作業して、やっと20個完成!

ireru

もっと段取りを考えなくちゃ。

konpou

少し冷ましながら、フタをして箱に入れたら完成です。


nakami

固める薬品などを入れてないので、フタを開けるとこんな感じになっている場合もあります。

youki

 

基本的には水やオイルが染み込むタイプの革専用です。

一般的なソファの革では、ワックスが染み込まずベタつきますのでご注意を!!

【心石拓男】

ご愛用中のソファのメンテナンスに困っていませんか?

02

今年も開催が決定しました!


KOKOROISHIのメンテナンス教室では、革の正しい知識から、上手なお手入れの方法をお伝えします。

メンテナンスの実演の他、「汚れの落とし方」を体験して頂きます。
05



耐久を高めたい方に作った新商品「蜜蝋WAX」のご紹介も。
https://www.sofa-kokoroishi.jp/goods/mitsuro-wax.html


03

04


ぜひ、ご参加ください。

広島本社ショップ
日程:3月4日(日)
時間:11:00~12:30
参加費:無料
先着:8組様まで

※メンテナンス教室は予約制となっています。
こちらからご予約くださいませ↓
https://www.sofa-kokoroishi.jp/news/20180115.html

※東京神宮前ショップのご予約は満席になりました。たくさんのご応募ありがとうございます。


【設計:兼田】

こんにちは。
設計の兼田です(^^)

毎年恒例の社員研修。
今年は姫路の革屋さんへ行ってきました。

福山から大型バスで2時間ほどで到着です。
2.3年前に建築されたそうで、モダンな建物が現れ驚きでした。
IMG_0999

こちら三昌さんのショールム。

早速お邪魔すると、天井まで革がずらーっと並んでいます。
IMG_0995

数千枚以上あるそうで、こちらで革の試作の話や、販売もされている様子でした。
これだけ種類があれば、思い描いた革が見つかりますね。
IMG_0997

姫路の白なめしがディスプレイされているところに、私達のマスが三昌さんの革で仕上がっています。
うれしいですね。

さて、工場見学へ。
IMG_1002

クロームなめしされた革がランク付けされ、並んでいます。
三昌さんには当社の革SSランクを作ってもらっているのですが、
ソファに使う革は大きくてなるべく傷の少ないものでないといけないので、ここでは一番いいランク「A」になるそうです。
革は仕入れてみないと傷が多いか、少ないかわからないので、いい革を回して頂いてて恐縮です。。
ありがとうございます。

IMG_1003

一つ一つの工程を丁寧に説明いただき、社員一同、前のめりで聞き、質問もたくさん飛んでいます。

IMG_1016

染色した革の水分を取り除くと同時に、革を伸ばす工程です。セッターと呼ばれています。
IMG_1020

ずらりと干された革たち。こちらは鹿革です。
水がふくまれた革はとても重く、こうして少しづつ水分を取り除きます。

IMG_1022
これは革もみ。
染めたりすることで、革は固くなります。
それを柔らかくする工程です。
様々な方法がありますが、ものすごい音で革が揺さぶられる姿が衝撃的でした。

IMG_1027

柔らかくなった革を塗装です。
機械でまんべんなく塗り、その後、、、
IMG_1034

手で塗ることもあります。
これらは革の工程のほんの一部です。
一枚一枚丁寧に鞣され、皮から革になっていくのだと実感しました。

そのあとは、観光です。
姫路城へ。

IMG_1051

天気もよく、青い空に白い壁が美しいですね。


IMG_1052

はりきって、みんなで天守閣まで登りましたが、はい。。結構な運動量です。

その後は有馬温泉へ。
宴会では毎年恒例のチーム戦で優勝を狙います。
IMG_1101

箸を使って豆がいくら取れたか競います。
ベタですが、みんな意外と真面目にやり、予想外の盛り上がりでした。
チームワーク力のUPです。

そして、次の日は六甲山に行き羊と戯れました。

IMG_1121

ほのぼのとした社員研修と旅行でした。
いつも働いているメンバーとこうしていると、
工場にいるときのほうが非日常的に感じますね。
不思議なものです。

社員旅行が無くなる会社もあるそうですが、行ってみると思った以上に楽しいこと、発見があるのです。

【設計:兼田】
















↑このページのトップヘ