ソファな毎日

革好きなソファメーカー、 心石工芸のほのぼの日記です。 日々の出来事や、お知らせなど、 ほのぼのと更新しています。

カテゴリ:

旅館で使用されていた椅子の張替えを依頼されました。

PK22-Before-(2)
 PK22-Before-(4)

藤張りのPK22を革に張り替えたいとのご要望。

外で使われていたのか、藤は変色してしまっていました。
PK22-Before-(3)

 

以前、革→革への張替えは経験があったのですが、藤張り仕様ではフレームが違っていて意外と苦戦。(汗)

 

藤のズレ留めのために、フレーム端部に小さなプレートが。
PK22-Before-(1)

それに、脚と本体を固定するボルトが上に出っ張っていました。

 

 

しかし、そこはなんとか工夫して無事に完了!

オリジナルよりも耐久性が上がるよう、作り方にも若干の工夫をしたら、きれいに仕上がりました~

 PK22-After-(2)
PK22-After-(1)
PK22-After-(3)

これからも、旅館で活躍してくださいな。

 

【心石拓男】

 

お父さんが使っていた椅子が倉庫にあったのを見つけて

雰囲気が良いので張り替えて使いたいというご依頼を頂きました。


20180615_123110

座面が特にダメージがひどかったです。


20180522_135255

剥がしてみると、1度張り替えているようで、ウレタンで表面の仕上げをしていました。
20180522_111655

背の部分には木屑がつめてました。

昔の椅子は藁やヤシの繊維なども使っていましたが、現在は樹脂綿やウレタンが主流です。

20180612_123929

中身とカバーを交換して完成!
生地によってイメージも随分変わって見えます。

おそらく昭和の初期頃のものではないかと思いますが、確かに雰囲気あります。

4脚張替されて、ダイニングに使われるとの事。

木枠もバネもしっかりしていたのでまだまだ活躍してくれると思います。

世代を超えて次の世代に引き継がれ使われていく事って素敵ですね。

【森安】



椅子張り技能士とは、国家資格である技能検定制度の一種の家具製作技能士のひとつです。
詳しくはこちらから⇒
東京椅子張同業者組合連合会

 

現在では道具や工具・材料なども近代化され
安定して量産できるようになっているのですが、
元々は全ての工程を手作りで行っていました。
技能検定はその昔からある手法を使っての検定となります。
1
2
3

そのため受験者は何回も練習して伝統の技能を身につけます。

2年に1度試験が開催され、今年は当社から2級の試験に3名が受験しました。

 4

そして!木工部に所属の岡本君が無事合格。おめでとう~
6


当社の資格所有者はこれで1級が2名、2級が4名となりました。



先人による長年のノウハウが詰まった試験をどんどん若手が経験する事で、

今まで以上に真摯で堅実なしっかりとした技術力を紡いで行きたいと思っています。

 5

ご興味ある方はこちらも是非ご覧下さい。

1流の職人さんによる技能紹介の動画です。
(心石に色々と指導を頂いている師匠です。)

椅子張り技能紹動画


【森安】

まだまだ暑さが続く中、スツールに使用する帆布を
みせてもらいに、お隣の尾道まで行ってきました。

尾道駅からだと、商店街を真っ直ぐ通って10分。
少し開けた交差点の角にあるのが彩工房さんです。

90c6a795.jpg

尾道らしいネコのマークがかわいらしい、「尾道帆布 彩工房」の看板が
目印です。


cc057035.jpg

店内は、ガラス張りで清々しい!
ランドセルから帽子まで商品ラインナップも豊富で、色とりどりの商品が並んでいます。

6c92f5a6.jpg

オーナーの古本さん。
とても気さくな方で、頒布の番手の話や、織りの話などいろいろと教えて下さいました。

7eb0c99c.jpg

レジの横では実際にカバンを作っているんです!
店長の赤松さん。実は、大学時代は大阪で日本画を学ばれていましたが、
地元に就職するということで、1年間ミシンの勉強をして、彩工房さんに入られたのだそうです。
日本画も描ける鞄職人…かっこいいです。


20885a35.jpg

今回は、生成りの色で、カバンに使っている9号(数字が大きくなるほど柔らかい)を購入
させてもらいました!
お店にいて思ったのですが、帆布って天然素材らしい綿のいい匂いがするんです。私だけかな・・。
居心地がよくて長居をしてしまいました・・。

地元のものを使って、ものづくりができる。なんだか心がこもります。
大事に使わせていただきますね。
彩工房さん、ありがとうございました!

【設計】畠中

連日の猛暑日、心石工芸の工場もオーブンレンジのように暑いです。


まだまだ暑さは続きますが、みなさまも体調の管理はお気をつけ下さい。



さて、先日ちらりとお話もありました椅子張り技能士試験!

なんとか終了いたしました[emoji:i-184]


この度、弊社は1級を4名、2級を2名が受験しました。

日々の練習の成果を発揮すべく、気合十分で挑戦[emoji:i-197]




ff091efe.jpg


当日、真夏のエアコンもない体育館で行ったのですが、緊張しまくりで暑さを感じる余裕もありません。

最初に釘を打つ作業で、いきなり指に釘を打ってしまいました[emoji:i-201](汗)

4a5653cd.jpg


5時間の中で一つのスツールを作り上げていくという試験なのですが、現在の手法とは違い、バネを麻紐で縛り、枠線を蝋引きの糸で固定し、土手の部分を藁で形成し・・・という伝統的な作り方。

もちろん表の布は手縫いです。

周りの受験者の皆さんも、すごいスピードで作り上げて行きます。


何とかみんな提出して試験を終了しました~



さてさて、無事合格するといいな[emoji:i-239]


【職人:森安】

↑このページのトップヘ