ソファな毎日

革好きなソファメーカー、 心石工芸のほのぼの日記です。 日々の出来事や、お知らせなど、 ほのぼのと更新しています。

カテゴリ: ソファのこと

旅館で使用されていた椅子の張替えを依頼されました。

PK22-Before-(2)
 PK22-Before-(4)

藤張りのPK22を革に張り替えたいとのご要望。

外で使われていたのか、藤は変色してしまっていました。
PK22-Before-(3)

 

以前、革→革への張替えは経験があったのですが、藤張り仕様ではフレームが違っていて意外と苦戦。(汗)

 

藤のズレ留めのために、フレーム端部に小さなプレートが。
PK22-Before-(1)

それに、脚と本体を固定するボルトが上に出っ張っていました。

 

 

しかし、そこはなんとか工夫して無事に完了!

オリジナルよりも耐久性が上がるよう、作り方にも若干の工夫をしたら、きれいに仕上がりました~

 PK22-After-(2)
PK22-After-(1)
PK22-After-(3)

これからも、旅館で活躍してくださいな。

 

【心石拓男】

 

お父さんが使っていた椅子が倉庫にあったのを見つけて

雰囲気が良いので張り替えて使いたいというご依頼を頂きました。


20180615_123110

座面が特にダメージがひどかったです。


20180522_135255

剥がしてみると、1度張り替えているようで、ウレタンで表面の仕上げをしていました。
20180522_111655

背の部分には木屑がつめてました。

昔の椅子は藁やヤシの繊維なども使っていましたが、現在は樹脂綿やウレタンが主流です。

20180612_123929

中身とカバーを交換して完成!
生地によってイメージも随分変わって見えます。

おそらく昭和の初期頃のものではないかと思いますが、確かに雰囲気あります。

4脚張替されて、ダイニングに使われるとの事。

木枠もバネもしっかりしていたのでまだまだ活躍してくれると思います。

世代を超えて次の世代に引き継がれ使われていく事って素敵ですね。

【森安】



ソファを解体するという、珍しい作業のご依頼をいただきました。
old_sofa

15年ほど使われているソファが傷んだので買い替えたいというお客様。
肘が壊れているけど、そのまま使っていたご様子。
ぱっと見ただけで、玄関からは出ないと分かったので聞いてみたら、お引越しの時はクレーンで吊ってマンションの5階まで入れられたとのこと。

お店からさほど遠くない場所だったので、解体して持ち出すことをご依頼いただきました。
カッターナイフで張り地とウレタンをカットし、ノコギリで格闘すること1時間ほど。
きれいに真っ二つになりました。
kaitai
他社さんのソファを解体するのは、勉強になります。
資材の耐久性や木枠の構造、ちょっとした作り方の工夫など。
可愛そうな気もするけど、いろいろ勉強させてもらいました。
長い期間、家族団らんを支えてきたソファ。
お疲れ様でした。

lima
ソファ配送業者さんがタイミング良く新しいソファを届けに来てくれて、入るかどうかドキドキしながら見ていたけれど、リマソファは全体に低めに作ってあって、すんなり持ち込み設置完了できました。

yuchan
お客さんにの喜ぶ顔を見ることができてラッキーでした。
これからは、このソファでご家族の時間を積み重ねていってくださいね。

ソファ
リマ 3p右片肘 KZ451(カフェグレー色)+ウーカ70x55ボルスタークッション

[心石拓男]

みなさんこんばんは。

以前より進めていました、CATALOG Vol.2の配布が開始されました。

前回より内容がさらにボリュームアップしています。

ソファをご検討されている方、気になっている方、
ぜひお申込みくださいね。

>CATALOG Vol.2請求はこちらから

事前にお申込み頂いた方には随時配布しています。

お届けまでお楽しみに!



【設計:兼田】

新商品がリリースされました。

top_01


新しいソファが仕上がりました。
しっとり、寄り添うソファ「CLING-クリング」
top_02

CLINGは「しっとりくっつく」という意味です。
座る人の身体に沿うように形を変える、
柔らかいけどしっかりと支えてくれるクッションを使っています。

comfort_04


詳しくはこちらからご覧ください。
http://www.sofa-kokoroishi.jp/brand/?p=4106

【設計:兼田】

↑このページのトップヘ