研修旅行二日目です!
この日は徳島の老舗メーカー、宮崎椅子さんと冨士ファニチアさんにお邪魔しました。

最初に訪れたのは、椅子メーカーとして、50年続いている宮崎椅子さん。
自分たちにしかできないものをつくりたいという想いで、約20年前から、自社ブランドを始められたそうです。
IMG_8792
複雑な椅子の形がどうやってつくられるのか気になりますね。
IMG_8793
世界各国から良質な木材がここに集まります。木によって加工のしやすさや、強度や、イスの表情が異なるので、木材選びはイスづくりに大きく関係しています。
IMG_8561
クロスカットソー(上写真)は、フシなどの外したい箇所をマークすると、機械が読み込んで、自動で適切な長さに切ってくれる優れものです。
IMG_8565
宮崎椅子さんのイスの背もたれは、一枚の木を曲げてできています。
機械から出る高周波によって美しいカーブがつくられます。
IMG_8567
こちらはイタリア製のバッチというNC。自由な加工、立体的な加工が可能です。
IMG_8573
椅子メーカーならではの機械や、加工の仕方を見る機会が少ないので新鮮な気持ちで見学しました。

掃除の仕方や物の管理の仕方等を質問をしたり、意見交換したりと有意義な時間を過ごすことができました。

さて、待ちに待ったランチタイムです!
ここから日帰り組と合流しました。
IMG_8598
皆さん楽しそうに会話をしていたので写真を撮ろうと思い「目線お願いしまーす」と頼んだ途端下を向いたり、隠れたり。
IMG_8593
シャイな方が多いです。

お腹も満たされたところで、研修旅行最後の工場見学。
1959年創業の家具メーカー、冨士ファニチアさんにお邪魔しました。
IMG_8798
この研修旅行中に行ったイストクさん、宮崎椅子さんからも冨士ファニチアさんの工場は素晴らしいとお聞きしていたので楽しみです!
IMG_8630
かなり工場の改善活動をされたそうで、整理整頓はもちろん、どこに何があるのかわかりやすくなる工夫が徹底されている印象を受けました。
IMG_8639
職人さんの技も拝見させていただきました。
IMG_8622
機械で同じ作業をしても、人間の手で加工したほうが、早く、きれいに仕上がるんだそうです。
IMG_8620
やはり、機械が導入されても人間にしかできないことや、優れていることがあるのだな、と改めて実感しました。
IMG_8621
いたるところにパトランプがありました。生産工程で正常か異常かを誰でもひと目見てわかるように取り付けられています。そうすることでトラブルの早期発見、解決につながります。
IMG_8606
一つ一つの工程がしっかりと管理されていて、生産途中に問題があれば、部外者の心石工芸社員でも気づけるくらいはっきり見える化されていました。
誰が見ても進捗状況がわかることは重要だということを、冨士ファニチアさんの工場見学で教わりました。

今回はじめて研修旅行に参加しました。なかなか見学させてもらえないような工場で、工程管理や部品の管理方法、生産ライン、清掃の仕方を間近で見られたことは大きな収穫になりました。わたしたちの工場にも取り入れたいです。
社員同士の交流もでき、勉強にもなった二日間の徳島研修旅行でした。

宮崎椅子さん、冨士ファニチアさんありがとうございました。

【半田】