今回は、「新入社員」VS「岡田監督!」、木枠組み立て作業で勝負です!

心石工芸のオールラウンダーこと、岡田監督のお手本を見様見真似で戦ってきます。3 木工の仕事
この勝負言うまでもなく私達の惨敗でした!

岡田監督は木工のリーダーで、長く心石工芸に勤務されています。やろうと思えばソファをつくるすべての工程の作業ができるほどの器用さをもっています。だから「岡田監督」なんですね~

最後のコマで監督が手に持っている道具はタッカーといいます。大きなホッチキスみたいなんですよ。このタッカーでバンバンと木と木をつなぎ合わせて、組み立てていきます。

タッカーは空気圧で針を押し出しているので打つときに的がずれてしまい、一定の場所にしかも一定の間隔で針を打つ作業はとても難しかったことを覚えています。上張りと同じで技術と力の必要な作業です。

詳しくは【研修④ 木工】に書いてあるので是非そちらの記事もご覧ください。

次回 スピンオフ公開予定!
お楽しみに!

【半田】