ソファな毎日

革好きなソファメーカー、 心石工芸のほのぼの日記です。 日々の出来事や、お知らせなど、 ほのぼのと更新しています。

2012年06月

心石工芸では裁断作業をCAMという

自動裁断機(去年の6月にキャム男と命名)を駆使しています。

本日は作業風景を一部ご紹介します。

IMG_1449_20120622151952.jpg
手に持っているのはゲームコントローラーではなく・・・
操作コントローラー。

IMG_1450.jpg
このパソコン上にあるソファの型を

IMG_1451.jpg
革の上に投影して配置していきます。

これは、座クッションを型入れをしているところ。
パーツを投影させている途中。
透明フィルムの下の水溜りのように見えるのが、革です。

キャム男は、見た目で傷や穴を避けて配置できる優秀な子です。


この型入れ作業は、革の歩留まりを決める重要なポイント。
※歩留まり・・・材料が製品になる割合

型入れ作業は、腕の見せ所です。

さて、今日もやるぞ。


[職人:森安]

心石工芸の木工部は、本社の向かいにある

「広島ヒールセンター協同組合」

という長屋の工場に入居しています。


お隣さんが廃業されるということで、

その分、工場を拡張することになりました。


47ee30d2.jpg
 → 3ebf4666.jpg

元の工場は倉庫に

646a9fb3.jpg
 → d98c0b78.jpg

お隣との仕切りもきれいになりました。

58bd107d.jpg
 → bdc0fea9.jpg

入り口を広げて大きな荷物も入るようにしました。

95786df9.jpg
 → d09f2201.jpg

資材の搬入口もガッポリ広げました。
ん~風が通る。


ちょっと手狭だった木工部。

今度はゆったり広くて使い勝手がよさそうです。

生産性も上がり、より良いソファを作ります!


〔心石拓男〕

尾道に新しくできた歯医者さん、しまなみ歯科医院に
待合ベンチをお届けしてきました。

478ca075.jpg



建築家、大石雅之氏の設計。

しまなみ歯科内観

オブジェのようなトラスは構造を支える上でも重要な役割を果たしているそうです。

写真


588ebf90.jpg


こんな感じに並べて搬入。
ブルーの張り地と木の組み合わせが空間に映えますね。
しまなみの名にふさわしい、爽やかさです。

しまなみ歯科机

この机だけは歯科技工士のお父さんから譲られたものらしく、
この机に合わせて電気等が配置してあり、
大切な道具を永く使うという精神が垣間見えたりしました。

そんな素敵な建築でした。


[職人:荻野]

広島県の北部にある三次市へ、
ソファのお届けに行ってきました。

今回ご購入いただいたAさんは、
ご注文の際、ご家族で工場に来ていただいて
ソファに使う革を選んでいただきました。

お話を伺ったところ、
弊社の工場近くにある小学校の校長先生と同僚だったとのことで、
「え~ソファ屋があるんで」と聞いて来て下さったそうです。

備後弁:え~=良い



今回 お届けしたソファの写真がこちら。

25904704.jpg


47c6bed2.jpg


オイルレザーのジャーナルです。

この革を工場で見たときにすぐ、
これだ!と思ったそうです。


やさしいA様ご夫婦のもとへと旅立ったジャーナルたち。
たくさんの本に囲まれてますねぇ。
2人掛けソファと、1人掛けソファを2つ。
時間を忘れてゆっくりくつろげそうな空間です。
すてきなソファライフ!

たくさん座ってくださいね。
ありがとうございました。

【職人:平本】

↑このページのトップヘ