ソファな毎日

革好きなソファメーカー、 心石工芸のほのぼの日記です。 日々の出来事や、お知らせなど、 ほのぼのと更新しています。

2008年01月

またまたミニチュアソファのご紹介(笑)。
このソファは、型出し担当の子が作った力作です!
ミニチュアを本革で作るという荒業も、このクオリティ。
とってもきれいに仕上がっています。

きっと皆の身体が小さかったら、このソファに座ってみたくなるはず!
そんな小さな小さなソファが出来上がりました。

はんめ奮闘ミニチュア

**型出しとは?**
ソファをつくる上で、とても重要になる工程です。
この「型出し」が、ソファの仕上がりの品質を左右する一番重要な役割を担っています。
木枠に、下張り(ウレタンを木枠に張っていくこと)をします。
下張りの段階でソファの外形はほぼ形づくられますが、
カバー外形の細かな形を作っていくのが、「型出し」です。
洋服で言うと、パタンナーの仕事が、この「型出し」の仕事です。
数ミリ単位のライン決めていくという、経験と感覚が大切な作業です。

〔けいこ〕

12月の終わり頃から、ミニチュアソファを作っています。
目指すはダンボール箱(W650*D390*H340)に納まる大きさ!
使う材料は、普段のソファ作りで出る端材たち。
いつもなら捨ててしまう、木材の端っこ・細切れのウレタン・裁断のハギレ、、などなど。
うーーん、ECO樹木です。

さぁ、勢いで作り始めた1脚目。
構造が明らかにおかしいことに途中で気づき、あれれ?
断念、、汗

あや奮闘ミニチュア1

2脚目は、ちょっとデザインに凝ってみる。
頭の中の理想像に腕がついていかず、うーーん。
断念、、、汗

今度こそっ!
慎重に後の工程を考えながら(当たり前ですが)、
3脚目、、、85点キラ~ン(合格点?!)!!
なんとかカタチになりました。
じゃじゃーーん。出来ましたー。

あや奮闘ミニチュア2

普段は一人で一脚のソファをまるごと仕上げることがないので、
気づかなかったことや、知らなかったことなど、
発見の連続でした。

**第5回人づくり・ものづくりフェア東京**
2008/1/30~31に開催される、「5回人づくり・ものづくりフェア東京」に、
出来上がったミニチュアソファを出品します。
東京都立産業貿易センター浜松町館 3階展示室にて展示されます。
入場無料ですので、ぜひ実物を見てください!
http://www.tokyo-nokaikyo.or.jp/ginou/fair/index.html

〔あや〕

「一級とったど~~~!!!」
「おめでとーーうキラ~ン

「平成19年度前期いす張り技能検定試験」で、
うちの職人さんが、いす張り一級技能士の認定を頂きました!
その叫びが、上記のものです。
さらに!驚きなのが、一級技能士の中で最優秀賞を受賞!!

最優秀賞者には、ハサミが贈られました。

080110_ogaki

なぜハサミ(?)なのかは、よくわかりませんが、、、。

試験の実技は昔の椅子のつくりを学ぶのには、最高の勉強法です。
ひとつひとつの工程に意味があり、ソファは中身は見えないけれど、
少しでも手を抜けば、仕上がりに影響するという、
当たり前だけれど、難しい、奥深さを学んだように思います。
それにしても実技の難しさは、半端じゃありません!

みんな、これに続いてがんばるぞーう。

**いす張り技能検定試験とは?**
椅子・ソファメーカーの業界では有名ですが、
「いす張り一級(二級)技能士」という国家資格があります。
職業能力開発協会が主催してる検定で、実技試験と学科試験の両方を受からなければ、認定されません。
住む場所によって、受験会場が違います。
下記は、東京都職業能力開発協会さんのHPです。
興味のある方は、↓チェックしてみてください。
http://www.tokyo-nokaikyo.or.jp/


〔けいこ〕

↑このページのトップヘ